輸入車中古車購入の流れ

輸入車中古車の新しい買い方 

全体の流れ(目次)

  1. 車種を選ぶ
  2. 選定モデルの吟味
  3. 支払い方法の検討
  4. 車輛購入契約
  5. 自動車保険の確認
  6. 購入後メンテナンス
車種を選ぶ 
1・全国の最新在庫からお気に入りの
  1台をネット検索カーセンサーEDGEなどで
   自由に選び無料見積もりをとる

2・無料でプロのからの提案を受けて
    参考にしてみる
  • 輸入車は国産車と違って台数も少なく、逆にそれも魅力のひとつ
  • 全国の最新在庫から選ぶことで、こだわりの1台が見つけやすい
  • 掲載企業はカーセンサーの審査に合格しての掲載で安心です
  • 掲載企業は、その地域の業界主要企業がほとんどです
  • 無料在庫確認・見積依頼・車輛状態の確認ができます

*カーセンサーEDGEで輸入車検索や無料見積もり依頼をする

*特集記事を参考に輸入車を検討するにはこちらをクリック!

 

選定モデルの吟味 
1・検索したモデルのグレードや必要装備を
  新車時のカタログデータでチェックしてみる
2・購入価格に含まれる整備内容確認
     納車後の必要整備の内容と時期を把握
3・購入時取付したい社外品パーツなどの吟味
  •  輸入車はイヤーモデル的にグレードの追加変更や特別仕様車が登場します
  • カーセンサーEGDEのカタログのタブや検索したモデルの詳細画面右下「この中古車の新車時の基本スペック」の欄からも確認できます
  • グレード間の装備やオプションの違い、年式でエンジンやその他基本性能からデザインの変更まで、希望の検索条件も絞れます
  • 無料の在庫確認・見積依頼のラジオボタンで簡単に見積が取れます(個人情報の入力は必要ありませんので安心です)
  • 気になる点について質問も同時に送信できるため、車輛状態の確認と見積に含まれる整備内容の確認、購入後の、このモデルならではの必要整備とその時期などの情報も教えてもらうようにしましょう。
  • この機会に、取付したいナビやオーディオ・ETC車載機・その他ドレスアップパーツの価格や在庫、取付工賃なども把握しておきましょう

*カーセンサーEDGEで輸入車検索や無料見積もり依頼をする

*特集記事を参考に輸入車を検討するにはこちらをクリック!

*整備や取付パーツ・ドレスアップなどについてはこちらをクリック!

 

支払い方法の検討  
        1・頭金の検討・決定
         (現金・下取価格と買取価格の把握)
       2・ローン返済額の検討

無料見積依頼などを利用して得た見積書を基にして登録までに必要な予算、納車後に必要となってくる整備予算や保険などの支払い方法の検討・決定をしましょう。

頭金について・・・下取車査定価格と現金・預金

まずは今乗ってるクルマがいくらの価値が有るのか把握しましょう

 *ネットから愛車の買取金額の見積もりをとる

最近は、一般的に下取に出すより、専門店に買取してもらう方が有利な場合が多いです。

買取店は、お店によって買取った後の販売網によって、査定基準様々です。自分のクルマにあった買取店で査定してもらうことが高額査定につながります。

とはいえ買取店をクルマを持参して1件ごとまわる必要はありません。

ネットを利用して、居ながらにして、しかも1回の入力で、地域の複数の主要買取店から見積もり金額を無料で受取り比較することが可能です

いきなり買取店へ足を運ぶことは、クルマの購入と同様でお店のセールス担当者からの熱心な勧誘・説明を受けたりで、他社との正確な比較がしづらくなり、本来の価値の把握も難しくなる恐れがあります。

 *ネットで1回の入力で複数の専門店から買取金額の見積もりをとる

上手にローンを利用しましょう

頭金が多いに越したことはありませんし、現金一括支払いも方法のひとつです。しかし、クルマは長い年数を使用する耐久消費財です。所有期間中の整備代や不意の修理代用として、手元に余裕資金を残してローンを利用することも検討しましょう。

購入先の提携ローンを利用することも方法のひとつですが、ネットからも様々なローンが比較検討出来ます。

最近は、地域の銀行であっても来店不要型の低金利マイカーローンを取扱う銀行も増えてきました。仮審査も可能です。

*参考=様々なローンを比較可能なサイトはこちらを参考に!

 

ローン返済額をシュミレーションしてみましょう

*参考=ローン返済金額比較サイトはこちらを参考に!

(条件変更ボタンで希望借入金額から毎月の返済額を比較できます)

 

契約・登録納車   
       1・選んだお店で購入契約・登録納車
         直接来店契約・地方全国納車
       2・地元のお店を通じて、選んだお店の
         クルマを購入契約・登録納車
  • 近くの店頭で見つけた車輛であってもまず先に検索サイトの情報を持って検討してから、来店し実車を見る順番にすることで、冷静に判断でき、後悔のない納得の購入が可能です。
  • 掲載企業は地域の主要企業がほとんど。全国納車可能先も多数で地方の方も安心。陸送から車庫手続き・登録納車までが一括OKなこの購入方法もカーセンサー掲載企業なら安心感も違います。
  • 地元の参加企業検索も可能。行きつけのお店を通じて、業者販売により購入可能な場合も。*正規ディーラーや業販可能な企業であっても、購入車輛によっては、保証条件や掲載価格特価などの理由から業販不可の場合もあります。購入価格全体の見積もりが高くなることもありますので、予め直接購入での見積依頼・車輛状態確認をお勧めします。カーセンサーなら無料で可能です。

*カーセンサーから輸入車検索して無料見積もり依頼をする

 

自動車保険の変更を確認
1・手元に自動車保険の証券を用意してみましょう
2・今回購入予定のクルマへ車輛入替してもらうため保険
 会社に連絡して、保険料の増減、開始時期などの打合
 せをしておきましょう
3・手元の自動車保険の証券をみて、満期まであと90日
 未満の時は、特にこの機会に他社乗換も検討して保険
 料の見直しを図りましょう。

  *簡単に自動車保険一括無料見積もりができます
  •  なぜ、最近特にテレビのCMやネット広告で自動車保険の見直しを勧めるのでしょうか?メリットはあるのでしょうか?
  • 私たちの人生でうち3つの高価なお買い物は、お家を建てる・保険に加入する(生命保険・損害保険・学資保険など)・クルマを購入することです。このうち見直しが必要なのは保険のこと・・・でもなかなか加入後に意識してそれをすることはないですよね。
  • 最近は・・・サービスや迅速な事故対応の良さと低価格の保険料からがネットによる自動車保険の加入や更新時期に合わせて乗換検討する方が増えています。
  • 自動車保険は基本的に年一回更新ですが、自動更新のため更新案内はがきなどが送付されても目に止まりにくいものです。
  • 保険会社の担当者の顔と連絡先がすぐにわかりますか?
  • 遠出や朝早く、または深夜の時間帯の事故やトラブルにすぐ連絡が気兼ねなく取れますか?
  • ネットの保険は安いだけじゃなく、必要十分な保障の保険の掛け金が安いことや、ロードサービスなどの充実が魅力のひとつです
  • 24時間受付対応、クルマの損傷状態の把握などで全国担当者が対応にかけつけてくれるものがほとんどです。
*簡単に自動車保険一括無料見積もりができます

 

メンテナンス  地元のディーラーまたは専門ショップへ
  •  輸入車も比較的容易に維持できるようになりました。
  • それでも文化の違いなどから、ノウハウをもったディーラーや地域の中古車販売整備会社への依頼が安心です。
  • 購入店=メンテナンス依頼店でなくてもきちんと対応してくれるお店が大半です。逆に他社で購入したクルマは見てくれないお店は企業として不安ですよね。
  • 正規ディーラーのほか、中古車販売・整備や専門ショップなど複数のお店とお付き合いをお勧めします。

 

参考のため、いくつかの注意点などを挙げておきます。

正規ディーラーと一般の販売・整備会社の違いについて

 

正規ディーラー・・・
  • メーカー保証対象無償整備はディーラーでしか受けれない
  • メーカー保証の継承点検はディーラーでしか受けれない
  • 正規ルートからの純正新品部品を使って交換整備するのが基本(整備保証の観点からも)
  • 車検・定期点検時メーカー推奨時期・走行距離によって消耗品の交換・整備をおこなう(これに基づいた見積もりがされる)
  • メーカー専用診断機(ダイアグノーシステスターなど)の結果をもとにして履歴や故障個所を特定し、診断機に出た検査情報箇所は細かに部品交換修理を勧められる
中古車販売・修理・専門ショップ・・・
  • ボッシュなどのテスター診断機や検査機だけでなく、エアコンの点検修理が可能なお店(実は自社で出来る店は案外少ない)、または点検修理可能な外注先を持っているお店がおすすめ。
  • お客の立場で、きちんとした整備を安くおこなってくれるお店が良い。輸入車のパーツは正規ルート純正部品の他、現地パーツ輸入で安く純正パーツや交換用汎用パーツも存在します。パーツによっては相当に価格差がある場合も・・・こうしたパーツや交換場所によってはりビルト品(オーバーホールなどによる安いパーツ=保証付も多い)やNGP日本自動車リサイクル事業協同組合からの安心中古パーツを使って修理など、お店が儲けるためではなく、クルマを知って、お客様のために、部位ごとで使い分けのノウハウを持って仕事することをモットーとしていたり、そうしたパーツ入手のチャンネルを多く持っていることが目安にもなるでしょう。
  • 正規ディーラーよりも、工賃が安いことが多いのもメリット。今必要な整備だけをしたい時など細かい要望にこたえてくれたり、適合パーツの中から、機能向上のためのオイルやケミカル剤・・・ドレスアップのための提案がもらえるのも嬉しい。

*カーセンサー参加企業から地域のディーラーやお店を探してみる

 

*NGP日本自動車リサイクル事業協同組合についてはこちら!